Fireworksのスライスツールでファイルの書き出し

DDcafe デザインラフ

Fireworksでデザインラフ(デザインカンプ)をつくり、それをスライスツールを使ってGIFやJPEG、透過PNGに書き出すのですが、私なりの方法を紹介します。

DDcafe スライスツール

スライスツールを使って、それぞれ書き出したい最適なサイズに選択します。

DDcafe 最適化

そしてプレビュー画面に切り替え、「最適化パレット」を使ってファイルサイズを見ながら、書き出す画像のファイル形式(GIF,JPEG,PNG)、色数や品質などを調整します。

DDcafe オブジェクト名の編集

スライスを選択し、プロパティパレットの左上のテキストフィールド部分(オブジェクト名の編集)に書き出したいファイル名を記入します。

DDcafe 書き出し

[ファイル]-[書き出し]を選択すると、スライスツールで選択した画像を一気に書き出すことができます。

DDcafe 書き出しの設定

その際、書き出しを「イメージのみ」にするとHTMLファイルが生成されず画像のみが書き出され、「スライスのない領域も含める」のチェックを外し「選択スライスのみ」のチェックを入れることでスライスツールで選択した画像のみを書き出してくれます。

DDcafe 選択スライスのみ書き出し

上記の方法ではなく、ひとつのスライスを選択し右クリックをして「選択スライスツールのみ書き出し」を選べば、そのスライスのみ書き出すことが出来ます。

最初に書き出す際は[ファイル]-[書き出し]の方法だと一気に書き出してくれて便利ですが、部分的に修正が入りひとつだけ画像を書き出したい場合は、この「選択スライスのみ書き出し」の方法が便利です。状況によって使い分けるのがいいと思います。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー