{AIR+LC} によるエンタープライズ {UX+RIA} ことはじめ(Adobe MAX Japan 2009)

{AIR+LC} によるエンタープライズ {UX+RIA} ことはじめ

AIR+LiveCycleによる開発の話を中心として、主にエンタープライズ企業にRIAを導入する際の方法論についてお話いたします。SI、ISV、ISPのご担当者さま、Flex、AIR、LiveCycleにご興味をお持ちの方、あるいはテクノロジーは違えどUXの実践にお悩みの方にぜひお聞きいただければと思います。また、技術的に難しいことはございませんので、息抜き代わりにお気軽にご参加ください。
株式会社アゼスト 秋葉 卓也 / 後藤 雄介

「息抜き代わりにお気軽に・・・」とのことでしたので、お言葉に甘えて参加してきました。サンドウィッチ付きのランチセッションでした。

UX(ユーザエクスペリエンス)とは?
  • 何だかわからないけど、好き
UXデザインとは?
  • ビジュルには美しさ以外にも、情報を可視化するという意味も入っている
  • ユーザーに対する気づかい、楽しい
  • エモーショナルな部分を設計する・コントロールする
認知と情動
  • 人は「認知(機能的、論理的、定量的)」と「情動(無意識、本能的、感覚的)」の両方で認識をしている
  • 「認知」は左脳的であり、「情動」は右脳的である。
情動のためのデザイン三側面
  • 「内省レベル」・・・しつらえ。自分にとってしっくりくる。
  • 「行動レベル」・・・ふるまい。使う喜び。
  • 「本能レベル」・・・よそおい。見た目、本能的に好き。
しつらえの要素
  • 機能美、コンテキスト、ストーリー
ふるまいの要素
  • 使いやすさ、わかりやすさ、期待と喜び
よそおいの要素
  • 楽しさ、魅力的、審美性
UXにはRIAが近道である
  • webとRIAを比べると、表示性が格段に良くなっている
  • UXが目的。RIAは手段。

・・・と、UXとRIAの概要から、UXの実現にはRIAが適していますよね!というセッションでした。個人的には「UXが目的」というのは少し違う気がしますが(もっと先にあるものが目的であるはずなので)、全体的に納得させられるセッションでした。

セッション中に出て来た「アプリケーションとはセルフサービスである」という言葉は、すごくいいですね。ユーザの隣でセールストークすることも、ガイドすることも出来ないのでセルフサービス。言われてみればその通りなのですが、気づきませんでした。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー