【レポート】第10回 月刊インタラ塾「ENGAGEMENT MARKETING MEETS DIGITAL SIGNAGE」

ENGAGEMENT MARKETING MEETS DIGITAL SIGNAGE

第10回 月刊インタラ塾」3つ目のセッションは、スケダチ・高広伯彦さんによるセッションでした。
高広さんのお話を伺うのは、Adobe MAX 2009でのセッション以来2度目になります。前回は、発想の視点を変えさせてくれる素晴らしいセッションでした。今回のインタラ塾の中でも一番楽しみにしていたセッションです。

今回のセッションは、大きく分けて2部構成になっていました。前半は「スケダチ」としての業務領域を通じて、案件における手法や思考方法について。後半は前半の内容を受け、デジタルサイネージを使ったプロモーションの事例についてでした。

コミュニケーションプランニング領域での業務について
  • 既存の代理店はwebはおまけと考え、ネット系代理店はコンバージョン至上主義に偏りすぎている
  • 新しいテクノロジーやメディアありきではないプランを企画できるプランナーが不足している
  • メディアオリエンテッド(メディアありき)ではない企画を考える
  • プロセスから考え、ボトルネックを探し、そのフェーズでの最適なメディアを用いる
  • ターゲットを、プロセスの中のどのフェーズからどのフェーズへ持っていくのか
  • 全体の流れの中からメディアを考える
  • webは商品へのエンゲージメントを高めるのが得意なメディアである
  • コミュニケーションは一方通行ではなく、いかにお互いが共有の価値を持てるか
広告ビジネスコンサルティング領域での業務について
  • 広告媒体を売るのにもマーケティングが必要である
  • 見込み客の獲得→企画→クロージング→実施後のフォロー・・・というプロセスで考える

「プロセスから考える」という言葉が一番刺さりました。そのフェーズごとの特性から最適なメディアを利用するということです。セッション中に紹介されていたフロー図は、スケダチ・ブログ「マーケティングのフェーズ別、メディアのミッションと目的」のなかにPDFファイルとしておかれています。

デジタルサイネージを使ったプロモーション
  • 秋葉原のサイネージと携帯電話を使ったインタラクティブなプロモーションで、YouTubeでも参加できる
  • デジタルサイネージの企画は、イベントのプランニング・運営手法でやるべき
  • 導線・立地の確認、利用される場所の確保が必要
  • 参加してくれる人の普段の行動を認識しておくこと
  • 天候にも左右される

当日の様子はYou Tube上にアップされています。

デジタルサイネージの媒体について、「効果がとれる媒体」よりも「使いやすい媒体」「使いたくなる媒体」のほうが売れるとおっしゃっていました。ひとつの場所でのプロモーションならともかく、全国・世界各地での展開しようと考えた時、統一した規格がないと厳しいですもんね。
これから普及していくメディアではありますが、標準化への動きは早ければ早いほどイイので、期待していきたいと思います。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー