【レポート】第14回 月刊インタラ塾 「本気勉強会 〜届く作品の創り方〜」 その2

月刊インタラ塾 本気勉強会

2009年9月13日に開催された、第14回 月刊インタラ塾 「本気勉強会 〜届く作品の創り方〜」のレポート2回目になります(1回目のレポートはこちら)。

AID-DCC Inc./Katamari Inc.

AID-DCC Inc./Katamari Inc.

  • ユーザにとって役立つ存在でありつづけること
  • SHIMANO TV」・・・いままでDVDを配布していたものをWebに・・・という単純なコスト削減の依頼だった。そこからクライアントにこまめに提案していき、コンテンツを変えていった。
  • 「広い」を追求するのではなく「深い」を目指す
ザ・ストリッパーズ株式会社・遠崎寿義さん

ザ・ストリッパーズ株式会社・遠崎寿義さん

  • キャンペーンをやったときの数字(KPI)を求められるようになった
  • 数字をクリアするだけのコンテンツも作れるけど、ユーザーに何かをもってかえってもらえるものをつくる
  • ブランドをどう活かすか、伝えるか
株式会社ベースメントファクトリープロダクション・北村健さん

株式会社ベースメントファクトリープロダクション・北村健さん

  • PV、販売につなげられなければプロジェクトとしては失敗
  • 「受動・能動・魅了」・・・Webサイトに訪れ(受動)、触れた瞬間に能動的になり、魅了させる
  • 「3秒・30秒・3分」・・・ユーザーはサイトの訪れた瞬間に善し悪しを判断し(3秒)、とりあえず触ってみて判断する(30秒)。体感時間をいかにコントロールするか。

プロジェクトの数字について、遠崎さんと北村さんで意見が違ったのが印象的でした。どちらが間違いというわけではないと思いますが、個人的には北村さんの意見が好きです。
それぞれのプロジェクトの質にもよりますが、いくら話題になっても、それが数字・実績に繋がらなければ意味がないのではないかと思います。なので、広告系の方で「賞」「賞」っていう人がいますが、違和感感じたりますね。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー