【レポート】CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」

| トラックバック(1)

CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」

2009年9月12日に開催されたCSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」に参加してきました。

CSS Nite LPシリーズの第7弾はIA(情報アーキテクチャ)にフォーカスします。
2009年に入ったあたりからIAについて取り扱って欲しい、という声が多くいただいています。・・・そして、IAにフォーカスしたスペシャル版のCSS Niteとして「LP7(IAスペシャル)」を企画しました。

今回は坂本さんのセッションで事前課題が出されていたので、少し早く集まってランチ食べながら取り組んでみました(上の写真)。

情報アーキテクチャの全体像(長谷川敦士さん)
別エントリー"【レポート】CSS Nite LP7「情報アーキテクチャの全体像 〜ワークフローとケーススタディ〜」"にまとめています
プロジェクトマネジメントから見たIAの大切さ(林千晶さん)
別エントリー"【レポート】CSS Nite LP7「プロジェクトマネジメントから見たIAの大切さ」にまとめています
IAの欠点〜IAの本来の目的と役目(佐藤伸哉さん)

IAの欠点〜IAの本来の目的と役目

  • IAは全体プロセスの1ステップであって、IAだけでは完結しない。
  • 代表的なIAの作業は多々あるが、それらは目的ではない。
  • なぜその作業が必要かを考える。
IAワークショップ〜LPOをテーマに〜(坂本貴史さん)

IAワークショップ〜LPOをテーマに〜

  • 競合他社のサイトを見るユーザは、同じような情報を求めている
  • サイトマップ上で矢印は極力避ける。重要な関係性を示す部分にのみ。
  • 流入元のコンテンツや利用目的に応じて、ランディングページのコンテンツを考える
  • サイトにおけるユーザのニーズを把握し優先順位をつける
マークアップとIA(小久保浩大郎さん)

マークアップとIA

  • それぞれの職能の中でIA要素を考える。「別の職能」+「IA」
  • IAの考え方は誰でも自分の仕事に活かせる。特別な新しい仕事ではない。
  • ワイヤーフレームは、意図を明示的に示し共有するためのコミュニケーションツール。頭の中にあっては共有できない。
  • ワイヤーフレームには「なぜそうなっているか」も伝えるべき
IAからWebサイトデザインへの突破口(長谷川恭久さん)

IAからWebサイトデザインへの突破口

  • 人は何らかの「情報」を探している。サイトやページを探しているのではない。
  • 同じ情報でもその人の経験などによって捉え方が違ってくる
  • 答えを探している人を目的地につれていく流れをつくるのがIA
  • ストーリーを意識してデザインをする

今まで何回かIA系のセミナーを受けてきましたが、なんかしっくり来ない部分があったんですよね。IA(情報アーキテクチャ)って、なにかものすごい職種とかスキルな気がして。でも、今日の小久保さんがおっしゃっていた「特別な新しい仕事ではない」という言葉でスッキリした気がします。
IAって言葉がアタマでっかちになっていたけど、普段自分が仕事としてやってることなんじゃん・・・って。もちろん、手法であるとか、考えるべきこと、学ぶべきことは多々あるんだけど、難しく考え過ぎることもないですよね。

だからこそ私のようなWebデザイナーであったり、プロジェクトの関わる様々な職種の人が身につけておくべきかとも思います。
逆にIAが注目されているってことは、普段の業務の中になにかしらの問題点を認識していて、その解決手法のひとつをIAに求めているのかなぁと。

6時間という長丁場のセミナーで少しお尻が痛くなりましたがw、とても有意義な1日となりました。

トラックバック(1)

2009年9月12日、ベルサール神田にてCSS Nite LP, Disk 7「... 続きを読む

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー