【レポート】Twitterでマーケティングはできるのか?

Twitterでマーケティングはできるのか?

2009年10月2日に開催された「MarkeZine Day2009」に参加しました。
1つめのセッションは津田大介さんによる「Twitterでマーケティングはできるのか?」を受講しました。

今年注目のネットサービスである「Twitter」。マーケティングとしてどのように活動できる可能性があるのか探る。

  • Twitterユーザー数の今年に入ってからの伸びがすごい。日本だと2009年4月から(ホリエモン@takapon_jp がはじめたり、一般報道で取り上げられたり)。
  • Twitterの6つの特徴
    1. リアルタイム性
    2. 伝播力が強い
    3. オープン性
    4. 独特のゆるい空気感
    5. 使い方の自由度が高い
    6. 属人性が強い
  • タイトルがない・・・というのがチャットに近く気軽である
  • ReTweet(RT)という仕組みが、伝播力をより強くする
  • リプライに対してレスを入れなくてもOKな雰囲気がある
  • 「属人性が強い」はマーケティングをする上でも重要なポイント。「この人って、こんな人だったんだぁ」という個性が出てくる
  • 企業がTwitterを使う目的「情報発信・PR」「ユーザーサポート」「ブランディング」
  • Twitterでマーケティングはできるのか?→できる。コストが安いのでやらないより、やったほうがいい
  • Twitter担当者として、誰を配置するかが大切。人間力が高い人を配置すること。
  • 企業アカウントでもつぶやく人の「個性」を出した方がいい。

「Twitterでマーケティングはできるのか?」という話題はラスト5分で、前半はTwitterの特徴の話が中心でした。ただ、企業でTwitterを活かすのにもTwitterの特徴を知っていないとはじまらないですからね。

セッション中、イランの選挙の事例が挙げられていました(#IranElection)。この事例は知らなかったので、驚きました。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー