瀬戸内国際芸術祭2010に行ってきました!

せっかく30歳になったことですし、ひさしぶりに旅でも行ってみようかなぁ・・・というわけで、2010年7月31日〜8月5日まで5泊6日の一人旅にでかけておりました。

今回の一人旅の前半戦最大の目的は「瀬戸内国際芸術祭2010」。瀬戸内海の7つの島と高松で行われているアートフェスティバルで、2010年10月31日まで、およそ100日間開催されております。

7つの島のうち、5つの島をめぐりましたので、そのレポートを島ごとにまとめてみようと思います。作品のポイントや、島を移動する際の豆知識などを書きたいと思います。

本当は島の宿に泊まりたかったのですが、土日が含まれていたこともあってか満室でした。なので、宿の拠点を高松に。高松からだと、ほぼすべての島へのフェリーが出ていますので、効率的に島をめぐりたい方にはおすすめです。

ちなみに一人旅後半は、拠点を関西に移しました。大阪の友人と会ったり、京都散策したり、なぜか滋賀のKen's Barに参加したり・・・最終日には金沢まで移動しちゃったりもしました。
ただですねぇ、高松〜三宮までの高速バスのエアコンですっかり風邪をひいてしまいまして。フラフラになりながらの旅になってしまいました。まぁそれも「30代、そんなに甘くはないよ!」って言われている気がして(笑) 清水寺へ向かう茶わん坂を登っているあたり&兼六園はピークでしたね。よく倒れなかったものです。それも、いい想い出のひとつです。

もし、芸術祭に行くのであれば「どこから来たんですか?」って、バス待ち、フェリー待ちのときに隣の人や島の人に話しかけてみるといいですよ。
「東京から来ました」って言うと、かなりの確率で驚かれます(笑) 「なに、なんかの罰ゲーム?」って言われたことも。でも、中国の方や、アメリカ、ヨーロッパの方も多く島に訪れています。アートの持つチカラの大きさを、見せつけられました。
そして「瀬戸内国際芸術祭2010」本当におもしろいです。ご都合がよろしければ、是非行ってみてください!

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー