スクーリング・パッド農業学部 レポートその5・柿沢直紀さん

スクーリング・パッド農業ビジネスデザイン学部第6期、この日の講義は株式会社イヌイの柿沢直紀さん。野菜スイーツでおなじみ、中目黒の「パティスリー・ポタジエ」を運営されている・・・といったらピンとくる方も多いのではないでしょうか。

柿沢さんは同じくスクーリング・パッドのレストラン学部でも登壇されていて、私も2年前にお話をうかがいました。

セッション中に気になったポイントを箇条書きで記載します。

  • 2003年から3年ほど宇都宮でベジカフェを経営。栃木の農家さんから仕入れた野菜中心のメニュー構成。
  • はじめは「食べた人が健康になれるように」という消費者向けのコンセプトが、途中から「生産者があってこそおいしい野菜が手に入る」という生産者向けのものに変わった。
  • 宇都宮のベジカフェで作っていた野菜のケーキがきっかけで2006年に「ポタジエ」をオープン。
  • 「手間が個性につながる」・・・トマトのショートケーキのスポンジには小松菜のペーストが練り込んである
  • お米の消費だけではなく価値・大切さまで失われている・・・との想いからお米の業態をやりたいと考える。2011年に「野菜寿し ポタジエ」オープン。
  • 農業をやるうえで「加工品」は大切なテーマのひとつ。加工するにしてもイイモノをつくろうよ!
  • 加工品が成功するためのポイント
    1. オリジナリティはあるか?
    2. ホンモノかどうか?
    3. ストーリーがあるか?
    4. パッケージデザインは?
    5. どこで誰にいくらで売るのか?
    6. スピード感をもてるか?
    7. どうやってPRするか?
  • 想いが強すぎても、独りよがりではダメ。他のチカラも借りていく。

野菜スイーツに注目がいきがちですが、これはあくまで手段で「野菜にもっと注目して欲しい」という強い想いが根底にあることが伝わってきます。
「生産のことを一番よくわかるケーキ屋でいたい」この言葉がとくに印象に残りました。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー