2013年4月アーカイブ

瀬戸内国際芸術祭2013・春 〜 豊島編

瀬戸内国際芸術祭2013・春、最終日は豊島(てしま)へ。最終の飛行機で東京に戻るため、豊島には半日の滞在になりました。

瀬戸内国際芸術祭2013・春 〜 直島編

瀬戸内国際芸術祭2013・春、3日目は直島へ。個人的にも3度目の直島になります。前回の芸術祭と比べて、作品の入れ替わりは少ないですが、なんといっても「ANDO MUSEUM」がオープンしたのが大きなポイントではないでしょうか。

瀬戸内国際芸術祭2013・春 〜 小豆島編

瀬戸内国際芸術祭2013・春、2日目は小豆島へ。前回の瀬戸内国際芸術祭2010では行かなかったので、人生初・小豆島上陸!ということになりました。

瀬戸内国際芸術祭2013・春 〜 男木島編

瀬戸内国際芸術祭2013・春、初日は高松での開会式を終え、男木島に向かいました。前回訪れたとき一番印象に残っているのが男木島でした。ただ、この日はあいにくの雨ということで・・・

瀬戸内国際芸術祭2013・春に行ってきました!

3年前に引き続き、瀬戸内海の島々が会場となる3年に一度の芸術祭「瀬戸内国際芸術祭2013」に行ってきました。

今回から[春]2013年3月20日〜4月21日、[夏]7月20日〜9月1日、[秋]10月5日〜11月4日と3つの会期に分かれての開催となりました。

【書評】ピクト図解

とあるカフェに入ったとき、隣の席の人が力説していた書籍「ビジネスモデルを見える化する ピクト図解」を読みました。

『ドラクエ9』がこれほどの大成功を収めた理由は何だろうか。商品が優れていたから? もともと人気があったから? もちろん、それもある。だがそれだけではない。実は、歴代のドラクエシリーズとは異なる「売れるしくみ」が、商品の裏で設計されていたからなのだ。
本書は、著者自身が考案した「ピクト図解」という新しいツールを用い、ビジネスモデルを"見える化"する方法を解説した画期的な1冊である。

THE BODY SHOPを日本で運営するイオンフォレストの元社長、そしてスターバックスコーヒージャパンの元CEOである岩田松雄さんの著書「ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由」を読みました。

一流は「火花散る一瞬」ために生きる!
スターバックスとザ・ボディショップで、ブランドを見事に再生させた経営者が説く一流の人の仕事とは!

【書評】小さな会社の生きる道

中川政七商店 十三代・中川淳さんによる著書「老舗を再生させた十三代が どうしても伝えたい 小さな会社の生きる道」を読みました。

中小企業こそブランディングだ! 「ものを売る」ではなく、「ブランドをつくる」を実践し、創業300年の麻の老舗を進化させてきた著者が自らの経験で培った中小企業経営の哲学を徹底公開!

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー