【書評】ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

THE BODY SHOPを日本で運営するイオンフォレストの元社長、そしてスターバックスコーヒージャパンの元CEOである岩田松雄さんの著書「ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由」を読みました。

一流は「火花散る一瞬」ために生きる!
スターバックスとザ・ボディショップで、ブランドを見事に再生させた経営者が説く一流の人の仕事とは!

書籍の前半では、岩田松雄さんがイオンフォレストの社長、そしてスターバックスのCEOになる経緯や思い、そして在任中のエピソードが記されています。

書籍の後半では、何のために働くのか・・・つまりそれぞれの「ミッション」をどのように作っていくのか、成長させていくのかについて記されています。

書籍の中で気になったフレーズを抜粋してみます。

  • 利益は手段であって、最終目的ではありません。・・・それを追いかけることだけがやがて目的化してしまうのです。
  • 社員を大切にしない企業は、けっしてブランドには成り得ないし、ミッションの実現はできない。
  • スターバックスはたまたまコーヒーを扱っているだけであって、目指しているのはコーヒー・ビジネスではなく、「ピープル・ビジネス」
  • 大切なのは、世の中をよくするために、心の底からわき出てくる使命感
  • 「情熱を持って取り組めること→好きなこと」「世界一になれること→得意なこと」「経済的原動力になるもの→何か人のためになること」・・・3つが重なる部分であれば、経済的な原動力となり、その対価として報酬をいただくことができるわけです。
  • (前年比、営業利益率、株価などを)経営者として頭に入れておくことは大切です。自分の思いをみんなにどう伝えるのか、みんなの思いをどう感じ取っていくのか?それこそが一番大切な仕事だと思います。
  • 意思決定するときにポジティブな状態で判断すると、そうでないときに比べて40%正解率が高まる

すごく読みやすい書籍でした。在任中のエピソードの話がとても面白く、「こんな社長のもとで働きたいな」と思います。自分が経営者になったとき、どのような姿勢で取り組むべきなのか、その道しるべとなる教科書のような一冊です。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー