【書評】小さな会社の生きる道

中川政七商店 十三代・中川淳さんによる著書「老舗を再生させた十三代が どうしても伝えたい 小さな会社の生きる道」を読みました。

中小企業こそブランディングだ! 「ものを売る」ではなく、「ブランドをつくる」を実践し、創業300年の麻の老舗を進化させてきた著者が自らの経験で培った中小企業経営の哲学を徹底公開!

前半は、中川さんが中小企業コンサルティングで携わった5つの会社の事例を紹介しています。
有限会社マルヒロ」「バッグワークス株式会社」「株式会社タダフサ」「堀田カーペット株式会社」「有限会社サイフク」・・・それぞれの会社の問題点や強みの発見など、どのようにコンサルしていったかが記載されています。

そして、どの事例からも魅力的な商品が生み出されています。書籍内で紹介されていたマルヒロが手がけるブランド・HASAMIのプレートはすでに持っていましたし(中川さんが手がけたことは知っていました)、タダフサのパン切り包丁は、今かなり欲しい一品です。

後半は「ものづくりの会社に必要な考え方」として、前半の事例をまとめるカタチで記載されています。自分が気になったフレーズを抜粋してみます。

  • 経営とは会社の状況を正確に把握し、必要な施策をしかるべき順番で実行することである。状況把握が正確にできれば、問題の七割は解決したに等しい。
  • 商売は相手のあること・・・どれだけ正しい戦略を立てたとしても、必ずしも成功するとは限らない。しかし、結果がでないからといって、戦略そのものを否定するのは早計である。単に戦略を実現するための戦術がまずかっただけかもしれない。理屈は正しいがうまくいかない。そんなことは日常茶飯事である。
  • 「ブランドとは、差別化され、かつ一定の方向性(=らしさ)をもったイメージにより、商品、サービスあるいは会社そのものにプラスをもたらすもの」・・・ポイントは「差別化」されていることと、「らしさ」をもっていること。
  • ブランディング=自分起点・・・まず自分たちが何をやりたいかどんなものを作りたいかが先に来て、その後で市場における自分たちのポジションを認識する。
  • 差別化のコツは、新たなポジションを自ら生み出すことである。

以前、ANAの機内プログラムで中川さんが出演されており、その中でおっしゃっていたコトバ "マーケティングよりブランディング" がとても印象に残っていました。

自分も小さなお店をはじめようとしている身なので、とても参考になる一冊でした。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー