瀬戸内国際芸術祭2013・春 〜 直島編

瀬戸内国際芸術祭2013・春、3日目は直島へ。個人的にも3度目の直島になります。前回の芸術祭と比べて、作品の入れ替わりは少ないですが、なんといっても「ANDO MUSEUM」がオープンしたのが大きなポイントではないでしょうか。

  1. 高松港08:12→フェリー→宮浦港09:02
  2. 南寺
  3. ANDO MUSEUM
  4. はいしゃ
  5. 石橋
  6. 護王神社
  7. 南瓜
  8. 李禹煥美術館
  9. 地中美術館
  10. 赤かぼちゃ
  11. 直島銭湯「I ラブ 湯」
  12. 宮浦港17:00→フェリー→高松港18:00

直島は大きく分けて「宮浦」「本村」「ベネッセ」の3つのエリアに分かれています。ベネッセエリアの各美術館の移動はシャトルバスが便利です。ただし、本数が少なく座席数も少ないので、(増便の対応もしていると思いますが)混雑する時期は乗れないこともあるかもしれません。早くまわりたいときにはレンタサイクルがおすすめだと思います。

瀬戸内国際芸術祭2013・春 〜 直島 個人的ベスト3
  1. 南寺
  2. 直島銭湯「I ラブ 湯」
  3. 地中美術館

直島に着いたらまず「南寺」の整理券をゲットすることをおすすめします。混雑時期は早々に整理券の配布が終了することもあります。ちなみに「きんざ」は事前予約制です(今回はパスしました)。

瀬戸内国際芸術祭2013・春に行ってきました!

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー