瀬戸内国際芸術祭2013・春 〜 小豆島編

瀬戸内国際芸術祭2013・春、2日目は小豆島へ。前回の瀬戸内国際芸術祭2010では行かなかったので、人生初・小豆島上陸!ということになりました。

  1. 高松港08:20→高速艇→土庄港08:55
  2. 太陽の贈り物
  3. 小豆島の光
  4. ザ・スター・アンガー
  5. 壷井栄生誕地お花畑プロジェクト
  6. ANGER from the Bottom
  7. 醤油倉庫レジデンスプロジェクト
  8. 小豆島コミュニティアートプロジェクト
  9. 小豆島カタチラボ
  10. 髪型の屋台
  11. 大きな局面のある小屋
  12. 土庄港16:30→高速艇→高松港17:00

小豆島はバスで移動しましたが、1日じゃすべての作品見るのは厳しいかもしれません。三都半島エリアの作品はすべてあきらめました。夏以降は「福武ハウス」も出来ますからね。1日で全部見てまわりたいときは、バス待ちの時間がないレンタカーをお勧めします。

瀬戸内国際芸術祭2013・春 〜 男木島 個人的ベスト3
  1. ANGER from the Bottom
  2. 小豆島の光
  3. ザ・スター・アンガー

ビートたけしさんとヤノベケンジさんの作品「ANGER from the Bottom」が一番印象的でした。これ、作品の意図がわかっていたほうが理解が深まると思います。

木こりが川に斧を落とすと神様がでてきて「あなたが落としたのは金の斧?銀の斧?」と問う有名なお話。その光景を見ていた人が、金の斧目当てにワザと斧を落としたら・・・井戸の中の神様のアタマに斧が刺さって怒って出てくる・・・という作品。「人間は私欲のために神様をも冒涜してしまう」という意味が込められているそうです。

毎時00分に5分ほどかけて動き出すので、タイミングを図って見に行くことをおすすめします。ご近所のおばあちゃんたちも、みかん片手に「よっこいせ」と見に来ているのが印象的でした。地元の人も楽しんでいる光景を見るのも、芸術祭の楽しみでもありますね。

瀬戸内国際芸術祭2013・春に行ってきました!

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー