【レポート】CSS Nite LP, Disk 28「直視しない人が多いけど、軽視できない仕事とお金の話」

2013年7月6日に開催された「CSS Nite LP, Disk 28 直視しない人が多いけど、軽視できない仕事とお金の話」に行ってきました。
Webに関するテクニカルな内容が多いCSS Niteですが、今回のテーマはずばり「お金」です。

内容が内容だけに「特に数字に関する部分はこの場限りにしてくださいね」ということだったので、セッションの内容というよりかは、僕が聴いていてグサッときたコトバを抜粋したいと思います。

わらしべ長者のすゝめ(林 千晶さん)
  • 「自分たちが出来ること」だけにしない。クライアントが可能性を広げてくれる。
  • 「予測しすぎない」「考える前にやってみる」
  • 小さくはじめて、大きく育てる。価値を生み続けたら、お金はおのずとついてくる。
  • お金だけで判断しない方がいい。何と何を交換したらいいかを考える。お金以外の価値。
小さな会社を2つ経営していて思うこと(森田 雄さん)
  • 不得意なもの、苦手なことはやらない。得意な人に外注すれば、すべてが高品質に。
  • 「月にいくら欲しいか」からざっくり単価を決める。
  • 小さい会社は、特色がきちんと伝わる努力が必要。
攻めの営業をせずに事業を安定化させる3本柱(角掛 健志さん)
  • とりあえず○○さんに相談してみよう・・・的な存在になる。
  • 収益源を3つにすると安定する。
  • スタート時点でのコミュニケーション不足が手戻りを起こさせる。
発注側はこんなロジックで予算を決めている(高畑 哲平さん)
  • ビジョンを共有できないと頻繁に修正が入る。ビジョンをしっかり聞き出さないとダメ。
  • 発注側と受注側で同じゴールを目指せるか。ビジョン、戦略を同じ言語で話せるか。
  • これから必要なのは「会社をWebで成長させるプロ」・・・Growth Hackerへ
パネルディスカッション
  • 他人から見た自分・・・を知ることはとても大事。
  • 「キャッシュが○○円切ったら、会社をつぶす」を決めておく。
  • ゆずれないものを1つ決めておく。

テクニカルなテーマではなく、ざっくりと「お金」がテーマだけに、参加者の聴きたいこと・知りたいことがマチマチだったのかなと思いました。

僕は起業を考えているので(・・・飲食業ですが)パネルディスカッションの最後のテーマになった「起業する上で必要なことは?」はとても参考になりました。
逆に、見積もりの立て方・単価について聴きたかった人には、もしかすると満足度の低い1日になったかもしれませんね。

ただ、スピーカーの方々のトークのレベルが高いので、どのセッションも楽しめたことは、さすがですね。次回以降はもっとテーマを絞って開催した方がいいのではと思います。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働きながら、個人でもWebサイト制作業務を請け負う。趣味ではシャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー