瀬戸内国際芸術祭2013・秋 〜 高見島編

瀬戸内国際芸術祭2013・秋、2日目は秋会期のみの開催となる高見島を訪れました。高松からではなく、JRを使って多度津という駅からフェリー乗り場に向かいます。駅をおりると港までのシャトルマイクロバスが出ていました(手持ちのガイドブックにはない情報でした)。

高見島につくなり、たくさんの黄色い旗が歓迎してくれます。こちらも作品ですが、なんと3000枚もあるとか。青い空、緑の山にこの黄色が映えます。

  1. 多度津港 09:05 → 高見島 09:30
  2. 新なぎさ号・キュートアップ作戦
  3. Sea Room
  4. 畏敬・よみがえる失われたかたち
  5. 蛸の家
  6. うつりかわりの家
  7. 除虫菊の家
  8. 高見島へのオマージュ
  9. 高見島 11:55 → 粟島 12:15

この日は土曜日ということもあってか、多度津港は大混雑。もしかしたら、フェリーの積み残しもあるかも〜というアナウンスも流れていました(この日は積み残しはありませんでしたが)。

高見島へのオマージュに併設されているレストラン「海のテラス」も11時くらいに訪れたのですが、すでに行列ができていました。フェリーの時間もあったのであきらめましたが、眺めはホント最高でした。

高見島には急坂・急階段があるので、足の悪い方にはおすすめできません。大きい荷物はフェリー乗り場で預かってくれますので、こちらを利用するといいと思いますよ。

瀬戸内国際芸術祭2013・秋に行ってきました!

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー