「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」に行ってきました

東京ミッドタウン・21_21 DESIGN SIGHTで2014年2月9日まで開催している企画展「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」に行ってきました。

本展では21世紀のデザインミュージアムに求められる役割について、〈過去/現在/未来〉という時間への眼差しに基づく新たな視点から、当館で開催した展覧会を例に考えていきます。生活、文化、社会と深く関わってきたデザインの今後の可能性について、多くの方々と考える機会となる企画展です。

2007年、東京ミッドタウンの開業と同時にオープンした21_21 DESIGN SIGHT。およそ7年間のあいだに23の企画展が実施されたそうです。「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」はその総集編というか、ダイジェスト編のような展示でした。

調べてみると、今ままで5つの企画展に足を運んでいました。(あれっ、もっと行っているような気がしたけど・・・)

「water」。水を様々な切り口で表現したのを思い出しました。超撥水加工の器で遊ぶインンタラクション作品(今回の展示にはありませんでした)、おもしろかったなぁー。

「テマヒマ展」。当時喰い入るように見ていた映像が、一部だとは思いますが再上映されています。

今回の「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」は、展示内容としてはダイジェスト感が強いので、少し物足りなさを感じました。
しかし"日本のデザインミュージアム実現にむけて"というメッセージはとても重要なものだと思います。日本に総合的なデザインミュージアムがない・・・という意外な事実。これだけデザインが浸透している日本において、いちはやくデザインミュージアムが出来ることを願っています。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー