【書評】HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド

LINE株式会社・浜俊太朗さんの著書「HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド」を読みました。

そろそろHTML5へ移行したいコーダー、デザイナーへ。 現場のプロによる実務視点の解説で、もう迷わずマークアップできます!
本書は、HTML 4.01やXHTML 1.0を普段書いているコーダー、マークアップエンジニア、デザイナーを対象に、HTML5の最新の仕様書に基づくマークアップ方法について解説した本です。

いちおう私の立ち位置としては、HTML5についてはセミナー行ったりブログ記事読んだりしながら勉強し、普段から仕事でHTML5を使ってWebページを実装している感じです。
ただ「我流なところがあるんだろうな」とも思っていたので、この書籍を購入してみた次第です。

「HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド」では、HTML5で登場する新要素を、XHTML1.0で実装されているスターバックス コーヒー ジャパンの公式WebサイトをHTML5に変えてみながら解説します。とてもユニークでありながら、わかりやすいと感じました。(HTML4.01やXHTML1.0のコードが読めない人には厳しいかも)

その後は、改めてHTML5で登場する新要素・新属性の解説、仕様が変更になった要素の解説が入ります。最後は、ブログとカフェの2種類のサンプルサイトのソースコードを通じてHTML5の解説をしています。

HTML4.01やXHTML1.0で普段から実装している人向けの書籍なので、初心者の方には難しいのかなとも思います。入門書ではないですね。ただ、要素の解説も豊富ですし、用例も多いので、業務でHTML5を使う人は辞書的に持っているのもありだと感じました。まさに「現場で使える」一冊だと思います。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー