Webサイトのキャプチャを撮ってストックするサービス「Clipular」

Webサイトのキャプチャを撮ってストックができる「Clipular」というChromeの拡張機能を使っています。写真のように、PinterestやWebデザインまとめサイトのようなUIで管理することが出来るので、大変便利です。

Clipular is the scissors, camera and collections for the modern web. Think "screen capturing" marries "bookmarking". Clipular lets you capture, share and bookmark any moment and any portion in your chrome browser.

Clipularは、FacebookアカウントやGoogleアカウントでログインすることが出来ます。

使い方はとても簡単。Webブラウザ・Google Chromeの「Clipular」ボタンをクリックすると大きく3つのボタンが現れます。

一番右「My clips」ボタンは、自分のClipularへのリンクボタン。真ん中「Camera」ボタンは、ブラウザのウィンドウサイズ通りにキャプチャされます。

一番左「Scissors」ボタンは、自由な範囲でキャプチャを撮ることができます。HTMLのdiv要素などの位置にフォーカスしてくれるので、とてもキャプチャしやすいです。また、矢印キーを押しながら範囲を指定すると、ブラウザもスクロールしていくので、縦長ページもキャプチャすることが可能です。

キャプチャすると、自動的にClipularに保存されるだけではなく、そのURLも保持されるので、何も入力せずにザクザクWebページをキャプチャしていくことが可能です。

キャプチャにはグループ分けをすることができ、そのグループで一覧を絞り込むことも出来ます。上の写真は私がタグづけた「Form」というグループ。このようなWebページの特徴でのグループ分けだけではなく、ジャンルや色など、様々なタグ付けが出来ますね。

「Clipular」とても使いやすく、シンプルなサービスです。月額$1.99の有料版も用意されています。ぜひ一度使ってみてください。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー