LINEのスタンプが自分で作れちゃう「LINE Creators Market」

2014年2月26日、LINEがクリエイターやユーザーがスタンプ作って販売できる新サービス「LINE Creators Market」を発表しました。

LINE Creators Marketは、あなたのオリジナルスタンプを、世界中のLINEユーザーに販売することができます。

スタンプとして用意するものは以下の通りです。

  • メイン画像・・・1個 240×240ピクセル
  • スタンプ画像・・・40個 最大370×320ピクセル
  • トークルームタブ画像・・・1個 96×74ピクセル

40個って結構多いですね。ファイル形式はすべてpng。事前審査が行われ、通過したら1個100円で販売されます。売上げのうち50%がスタンプ作者に還元されます。

販売手数料が50%って、結構持っていかれる気もしますね。それでも「作ってみたい!」と思わせるのは、LINE上に自分がデザインしたスタンプが使われるという光景に価値を感じるからだと思います。やっぱり、自分がデザインしたスタンプが使われたら嬉しいですもん。

LINE Creators Marketのローンチは2014年4月の予定。さて、スタンプでも作ってみようかな!

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー