ソチオリンピックで目にするパッチワークデザイン「The Olympic patchwork quilt」

ソチオリンピック中継で競技場の壁などにデザインされているパッチワーク柄のデザイン。テクスチャ・パターン好きの私にとってかなりツボなのですが、こちら「The Olympic patchwork quilt(パッチワークキルトデザイン)」と呼ばれています。

そして、ひとつひとつのパッチの柄には、ちゃんとした意味があるそうです。

ソチオリンピックのスポンサーであり、The Olympic patchwork quiltのデザインを担当したbosco社は、次のように解説しています。

Every region in the world is proud of its unique origins, and it is no different in Russia. (中略)Bosco had a wealth of choices to represent Russia's rich diversity, but in the end we settled on something familiar, warm and welcoming: the patchwork quilt.

世界のあらゆる地域でユニークな起源がありますが、ロシアも同様です。ボスコは、ロシアの豊かな多様性を表現するための選択肢を持っていましたが、最終的にはおなじみの温かい何かに落ち着きました。そう「パッチワークキルト」です。

In the concept design, every patch was infused with the history and personality of traditional crafts from each of Russia's 89 regions: in a single tapestry we combined Uftyuzhskaya painting and Vologda lace, Gzhel and Zhostovo painting, Kubachi patterns and the flowers of Pavlo Posad shawls, Mezenskaya painting and Khokhloma, Yakutsk patterns, fabrics of Ivanovo and other distinctive Russian patterns. That is how we arrived at a modern, distinctive and unmistakably Russian Look of the Games.

ひとつひとつのパッチは、ロシアの89の地域の歴史や伝統工芸の特徴がモチーフになっています。(中略)これこそ我々がオリンピックにおける、現代的で個性的で間違いのないロシアの模様に到達した経緯です。

bosco社のWebサイトには、それぞれのデザインの由来と、The Olympic patchwork quiltのパターン柄としてどのように落とし込んだのかが解説されています。

パーツひとつひとつに意味があり、落とし込まれたクリエイティブもかっこいい。その土地の歴史や伝統を活かし、新しいスタイルで表現する。これぞ「デザイン」だなと感じました。

参考記事

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー