「内藤廣展 アタマの現場」に行ってきました

乃木坂・ギャラリー間で2014年3月22日(土)まで開催している「内藤廣展 アタマの現場」に行ってきました。建築家・内藤廣さんの個展になります。

展覧会場では、数々の作品を生み出してきた内藤廣建築設計事務所の一部を再現するとともに、初期の代表作から現在進行中のプロジェクト、更にはプロジェクトに終わった作品を通して思考の過程を紹介します。

「出来上がったものを展示しているというよりは、今現在私が取り組んで格闘しているもの」と内藤さんがおっしゃっているように、今年や来年竣工するプロジェクトの模型が展示してあります。

静岡県草薙総合運動場体育館
なかなかコンペ案が決まらないなか、正月に自宅で何気なく剥がした瓶のフタのアルミ箔のヒダから、インスピレーションを受け形状に落とし込んでいった・・・という、まさにアタマの現場を知ることが出来ます。

九州大学椎木講堂
「3,000人収容しなくてはいけない」「1階席と2階席を分けると気分的な断絶がおきる」「舞台から客席後方まで30メートルにおさめたかった」・・・すり鉢状の半円型は必然的に生まれたことがわかります。さらに普段は壁で区分けされ階段教室になるそうです。

たくさんの建築模型が展示してあって、建築学科卒業の私はテンション上がりっぱなしになっちゃいました。内藤さんが解説している動画も必見です。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー