社内勉強会のススメ

2014年3月7日、部内のデザイナー・ディレクターさん向けに「社内勉強会」を開催しました。以前は社内勉強会をちょくちょく開いていたのですが、今回は実に2年ぶりの開催です。

なんと40名ほどの方に参加していただきました。さらに同じ部署でも制作に関わらない方、他の部署の方、さらには別の建物の他事業部の方にまで参加していただきました。本当にありがとうございます。

今回のテーマは「2014年におさえておきたいWeb制作トレンド14」と題して40分ほどお話しさせていただきました。私が年末年始に参加した3つのセミナーの内容を、ダイジェスト版で紹介したものになります。

社内勉強会を開催すると、ホントいろいろなメリットがあると思います。

参加していただいた方々のスキルアップが期待できる
今回私が行った勉強会は、いろいろなトピックスのダイジェスト版なので、即効性のあるスキルアップというわけにいかないかもしれません。でも、数あるトピックスのなかから1つでも引っかかるものがあって、それについて深く調べていただけたら、本当に嬉しいですよね。
なにより自分自身の復習になる
セミナーの資料を読み返したり、よりわかりやすく伝えるために色々なブログ記事を読んでみたり。発表資料をつくるのは多少時間がかかりますが、自分自身のスキルアップにもつながりました。
メッセージを伝えることが出来る
今回一番伝えたかったのが「Web制作業界の流れは速いから、アンテナ貼って社外の情報をひろっていこうよ!」という点でした。テクニカルな内容を伝えるだけではなく、自分が伝えたいメッセージを最後にもってくると、勉強会が締まると思います。

今回の社内勉強会で、たくさんの方から「楽しかった」「よかった」という声をいただきました。本当に嬉しかったです。この社内勉強会で、ひとりでも多くの方の知的欲求に刺激を与え、チームが活性化していけば嬉しいですね。

お願いされることもありますが、基本私は自らから進んで社内勉強会を実施しています。今回も自分初。やらされ感満載の勉強会はツラいですし。しかも今回は業務時間中にやりました。

はずかしかったり、緊張したりするかもしれませんが、やって損することはないです。「うまく伝わらなかったらどうしよう?」・・・うまく伝わるように考えるプロセスが重要です。
メリット多し!みなさんもぜひ自分から手を挙げて社内勉強会を開いてみてはいかがでしょうか?

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー