ゼクシィの分厚さ&重さは誰得なの?

「プロポーズされたらしたら、ゼクシィ」というわけで、私もゼクシィを本屋さんで買いました。

でもこの分厚い雑誌、本屋にとってもいい迷惑なんじゃないですかね?陳列するにもそこそこ場所とるし、付録がたくさんあるから分離しないようにヒモ的なもので縛ってあるし。レジのお姉さんも、あんな重い雑誌のヒモをほどくのに&袋に入れるのに、すごく手間取っていました。

せっかくなので計ってみましたが、厚さはおよそ3.7センチメートル。

重さは付録込みで5キログラム!いやいや、こんな重いもの奥さんに持たせられないでしょ。「買って運ぶ人=男性」と「読む人=女性」が異なる珍しい雑誌ですよ。

でも数百ある式場の情報をペラペラめくっていくのに、やはり雑誌という形状は向いていると思いました。
同じ情報なんてゼクシィnetなどWeb上にいくらでも載っていますが、検索かけてクリックしてブラウザバックして・・・なんて、実は手間以外の何者でもないですね。意識せずペラペラめくって、気に入った式場だけ折り目を付ける。式場選びの第一歩はこれでいいんです。気に入った式場は、あとで詳しくWebで調べますので。

意識せずペラペラめくっていく・・・ので写真は重要です。てか、写真しか見てません。そうすると次のようなスパイラルがうまれます↓

  1. 式場は写真をより高品質でたくさん見せたい
  2. 1式場あたり4ページ構成とかになってくる
  3. 1冊の雑誌も分厚くなってくる

そう考えると、ゼクシィは分厚くなるべくして分厚くなった・・・と言っても過言ではないでしょう。まぁ、だからと言ってこの重さはやはり不便ですね。でも、そんなときはこのひと言で片付けちゃえばいいのです。

「ゼクシィの重さは、結婚の重さ」

というわけで、ゼクシィは分厚くて重いけど、式場の情報量は半端ないので、「これは結婚の重さなんだ」と言い聞かせて、素敵な式場を見つけてくださいw

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー