「雑貨展」に行ってきました。

東京ミッドタウン・21_21 DESIGN SIGHTで2016年6月5日まで開催している企画展「雑貨展」に行ってきました。

本展はこうした「雑貨」をめぐる環境や感性を、世界的にもユニークなひとつの文化として俯瞰し、その佇まいやデザインの魅力に改めて目を向ける展覧会です。

雑貨展の会場には、それぞれのアーティストが三者三様にとらえた「雑貨」について、展示されています。

会場に入って目につくのが「松野屋行商」。日用品の行商の姿を現代によみがえらせた展示です。こんなデカいの引いてたの?という驚きだけではなく、不思議な愛くるしさも感じたりします。

僕の一番のお気に入りが野本哲平さんの「雑種採集」。身近なものを組み合わせて作られた生活の知恵による雑貨の数々。ビールケースの椅子や一斗缶のチリトリなどなど。そんななかでの一番のお気に入りがこちら↓

ラジカセひっくり返してタオルかけ(笑)

3色のS字フックを並べたテキスタイルカーペット。よく並べたなぁ〜と。圧巻でした。

オシャレな雑貨が一堂に介する・・・ではなく、雑貨をちょっと違った切り口で展示している雑貨展。むずかしいことを考えずに楽しめる展示です。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー