Tokyo Midtown Award 2016 受賞作品展示を見てきました

次世代を担う若いアーティストやデザイナーを発掘・応援するコンペティション「Tokyo Midtown Award 2016」の受賞作品展を見てきました。

東京ミッドタウンで毎年秋に開催される Tokyo Midtown DESIGN TOUCH に合わせて開催される受賞作品展。毎年「おぉ、これすげぇ!」と思わせてくれる作品が登場してくれるので、とても楽しみにしているイベントです。

今年のデザインコンペのテーマは「Anniversary」。個人的にグッと心を鷲掴みにされた3作品を紹介します。

THE BIRTH(関戸 貴美子さん)

個人的圧倒的第一位はこちらの作品。子供の出生時体重と同じウィスキーボトル。子供が成人になるまで20年間熟成され、その時に乾杯する・・・出生時体重と同じという商品は幾つかありますが、ウイスキーとなっただけで味わい深いストーリーが加わります。

MIZUHIKI PEN(大垣 友紀惠さん、松尾 拓弥さん)

ありそうでなかった水引がかけるペン。「ありそうでなかった」を目の当たりにした時、「あぁ、その手があったよね!」って衝撃を受けますよね。

おつかれさま通帳(小川 貴之さん、市川 直人さん)

今年のグランプリ作品。きっと今までで一番"デザイン"されてなかった受賞作品ではないでしょうか。通帳の取引内容欄にメッセージを一行を加えることができるサービス。ただそれだけ。でも、すごく温かくなるサービスだと思いました。

Tokyo Midtown Awardでは毎年会場投票を実施していますが、今年の投票形式が「アナログ式いいね!」。毎年ユニークな投票形式を提供してくれるのも、楽しみのひとつです。

プロフィール

林大輔 写真
林 大輔
旅を売るWebデザイナー / ジャム男子
楽天トラベルでWebデザイナーとして働いています。ごくたまに個人でもWebサイト作ってます。趣味ではジャムをつくる自称・ジャム男子。
著書「FireworksレッスンブックCS6対応」「ガレリアCSS

詳しいプロフィールを見る

最新のエントリー